子どもたちが夢中になって、どんどん自分で進めていくワークショップになりました



都内私立小学校のアフタースクールで、今年初めから3月半ばまで11回にわたって開催されている「物語絵本創作ワークショップ」先週から今週の様子をご報告いたします。


前回は、アートの先生から色の持つ印象や特性について「寒色・暖色について」「色の組み合わせで変わる印象」のお話が、実際にカラーバリエーションを見せる形で、最初にありました。みんな、手を止め、熱心に先生が提示する色の組み合わせのバリエーションに見入っていました。

その短いレクチャーの後は、もうみんなどんどん自発的に、夢中で挿絵の作成に取り組んでいました。もう私なんかブラブラ見て回って「すごいねー!」「この色合いが素敵だね」「お!なんだか魔法な感じになってきたね!」などと、あれこれ好き勝手な感想を言葉にしていくだけで、邪魔にならないようにするという感じでした。



「夢中になる」「熱中する」ということが、一番大事。自主性を尊重して、自由にすれば、子どもたちは、どんどん自発的に学んでいくということが、実証されたようなワークショップの進み行きに、アートの先生たちも、驚いていらっしゃいます。





今週は冒頭、アートの先生から、ブックフォレスト(アフタースクール内のライブラリースペースの名称、PonoLipoが構築のお手伝いをしました)から持ってきた絵本を広げて、主役を際立たせる色使いや、背景の描き方などについてレクチャーがありました。



その後は、みんなそれぞれのペースで、楽しく挿絵の続きを描きました。後3回あるということで、ちょっとみんなゆったり気持ちに余裕ができてきたようでした。どこまで進んでいるか見せてねというと、どの子も嬉しそうに見せてくれる様子から、それぞれみんな自信を持って見せたい力作なんだなということが、伝わってきます。「指導」とか「命令」とか、ひとつも必要なく、みんなどんどん自分の作品として、一生懸命思い入れて創作していっていて、なんだか頼もしく誇らしい気持ちになりました。




上に立って、コントロールしようとして良いことなんかひとつもないと、改めて実感しました。しかし、みんなすごいな!!









・・・・・・・・・・・・・・・・


PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F
TEL&FAX:03-5726-9936
E-mail:staff@ponolipo.com
HP: ponolipo.com
営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:
定休日:毎週水曜日

★PonoLipo WEB Shop

おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを
一緒にお求めいただけます!





このブログの人気の投稿

理想のライブラリーを構築するプロジェクト

乳幼児期のことばの発達に関するアンケートにご協力下さい!

子どもがいくつになったら、どんな絵本を読むの?【0~6才】