投稿

PonoLipoメソッド 物語創作 作文教室レポート動画

イメージ
9月29日(日)午後に、開催された「PonoLipoメソッド 物語創作 作文教室」の様子を動画にまとめました。開催する度に、周囲の大人が驚く「ブレイク」と呼んでもいい「夢中で物語を創作して作文していく」モードに突入する子どもたちの様子を、「うちの子は無理!」「子どもが、その場で物語を作るなんて、よっぽど才能がないとできないはず」と、そう思っている保護者の皆さま!ぜひ、この動画でご覧になって下さい。

言葉で自分を表現するのが苦手、作文が大嫌いというお子さまも今回参加されています。小学校1年生から4年生の子どもたちです。本当に普通の可愛い女の子たちで、特別な英才教育を受けたわけでもありません。

彼女たちが、自分の物語を創作し書き終わるまで、今回は、3時間ちょっとでした。一番多く書いた子たちは、196字詰め原稿用紙7枚書き上げました。一番少ないお子さんでも、3枚びっしり書き上げ、しっかり物語を完結させました。

毎回、講師を務める私たちが、ワクワクドキドキ鳥肌もので感動するプログラムです。今回迷われて、参加を見送られた方は、次回ぜひご参加下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・

PonoLipo Shop 自由が丘

9月29日開催された「富田恵子先生の食育親子ランチ会」レポート動画

イメージ
去る9月29日お昼に、Natiral Styles 2Fのレンタルカフェスペースにて開催された、食育シッター富田恵子先生の「食育親子ランチ会」の様子を動画にまとめました。

先生の優しいお人柄に、子どもたちもママたちも、楽しくリラックスして、秋のお料理を楽しみました。
地域のお祭りや年中行事などがだんだん廃れ、核家族化・少子化の進行により、親戚やご近所の人たちが、老いも若きも子どもも大人も、ワイワイ集まって会食をする機会が、子育ての場面で、だんだん少なくなってきています。日常、ママと子どもだけで食事をとる場面が、ほとんどでしょう。
ミックスエイジで、ワイワイ楽しく大勢で会食する機会がなければ、子どもの食のしつけはできません。ママだけで、そうしたしつけの全てを担うのは、無理なことです。
今回は、ニコニコ優しい食育しつけの達人シッター富田恵子先生をお招きして、みんなでワイワイ楽しく秋の味覚を味わう「食育親子ランチ会」を催しました。
食べたことのない食材を最初は敬遠していた子どもたちも、富田先生の楽しいお話、優しい口調につられてパク!「美味しい!」「お代わり!」と、初めて同士も、みんな最後には仲良くなって、楽しく美味しい会になりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

PonoLipo Shop 自由が丘

大人と子どもの注意力と認知の仕方が違うということを理解する

イメージ
2019年5月に発表されたオハイオ州立大学の心理学教授であり共著者のVladimir Sloutsky教授達による最新の研究により、大人と子どもでは、注意力の働き方と認知の仕方に大きな違いがあることが判明しました。大人は、重要であると判断したことに集中して注意力を働かせることが得意ですが、子どもは、もっと幅広く様々な情報を認知し、重要な情報が途中で変化する場合には、大人よりも素早く対応することができることが証明されたのです。
Warning to adults: Children notice everything Kids have learning advantage in some situations, study finds
https://www.sciencedaily.com/releases/2019/08/190805101125.htm

 Date:August 5, 2019
Source:Ohio State Universit
Summary: Adults are really good at paying attention only to what you tell them to -- but children don't ignore anything. That difference can actually help children do better than adults in some learning situations, a new study suggests.
Adults are really good at paying attention only to what you tell them to -- but children don't ignore anything. 「大人は注目して下さいと言われたことに注意を払うことが得意だが、子どもは、あらゆることに注意を払っている」  この調査研究では、34人の大人と36人の4歳児を対象に、パソコンモニターに映る面白い顔、アンテナ、尻尾を持ったカラフルなエイリアンの絵を見せていき、FlurpsとJeletsという2種類に分類させていきます。あらかじめ「だいたいJaletsは青い尻尾で、Fllurpsはオレンジの尻尾を持っています。付け加えるとFlurps…