投稿

子ども達の創造性の回路を一気に開くワークショップ

イメージ
七夕の7月7日の日曜日、テレビのシナリオライターとして活躍され、また四谷・日吉・二子玉川で人気の作文教室の先生でもある山口美穂さんとご一緒して、株式会社プラスワン教育のスクールツアーシップ「夏の体験キャンプ」の日帰りプログラムとして「世界にひとつだけのオリジナル童話 物語創作教室」が、池袋駅至近の会場で開催されました。

 「小学生の子ども達にゲーム感覚の遊びから入って物語を創作させるPonoLipoメソッド」について説明すると、大抵の日本人の大人は、「子どもが創作して物語を書くなんて無理でしょう」と一蹴されます。クリエイティビティを育むプログラムが、実際の教育場面に組み込まれていないため、子供の頃に、そうしたプログラムの面白さ、可能性を経験したことのある大人が、ほとんどいないということが、大きな原因だと思います。

 今回のプログラムも、PonoLipoのFacebookや、このブログ「PonoLipo 子ども Lab」でご案内を出すと、多くのビューがついて関心が高いものの、実際の応募は8名でした。1年生から4年生の小学生の女の子たちです。

当日初めて会う子も多く、皆緊張してシャイな様子です。このプログラムに応募してきただけあって、「将来の夢は絵本作家」「物語を読むのが大好き」という子ども達です。
最初に声優の友川まりさんのラング童話「カラス」の朗読を皆で、場面を想像しながら聴きます。よく通る透き通った声の、友川さんの力のある朗読は、本当に心の深いところまで沁み渡るようで、皆目を閉じたり遠くを見つめたりして、物語の世界に入り込んで真剣に聞き入っています。終わった後の「ほうっ」と空気が緩んで大きく揺蕩うような感触に、毎回次の説明の言葉を発するのが、ためらわれるくらいです。この耳から聴いた物語を想像するインプットの回路を開く導入のステップが、その後の展開にとって非常に大切なのです。

 次にゲームデザイナーの大山功一さんと一緒に制作したPonoLipoオリジナルのピクチャーカード「物語カード」を使って、引いたカードの絵で物語を作って繋いでいく「ストーリーテリングゲーム」をやります。以前自由が丘にある英語のお教室で男の子6人でやった時も、私立の小学校のアフタースクールのプログラムで男女混合でやった時も、この時点でワイワイ湧き出るように言葉が湧いてきて、驚くほど盛り上が…

子育て中のパパ、ママにこそ開拓してほしいネット上の「学びの場」

イメージ
皆さんは、日頃必要な子育て情報をどこで得ていますか?

 2年前に、自由が丘の商店会のお祭りの時に、「こどもひろば」で、子育て中のパパとママに、日常の子育て情報摂取状況についてアンケートで尋ねたことがあります。ママ友、職場の同僚、家族・親族からの口コミ情報に大きく頼って情報を摂取している実態が浮かび上がりました。

 不安を煽ったり、コンプレックスを刺激したりして、教育消費に駆り立てるような教育系商品・サービス情報が溢れかえっている現状を考えると、信頼できる身近な人からの口コミ情報は、一番安心感のある子育て情報をもたらしてくれます。

 ただ、その口コミ情報への偏りは、気がつくと社会の一線で仕事をしている身近な人や学生時代の友人、若い世代の部下や後輩との意識の格差を広げていく危険性もはらんでいるのではないでしょうか。

 忙しい子育て中に、あれこれ検索したり調べ物をしたりして、じっくり自分の思索を深めることは、かなり無理があることですが、今はインターネットの時代ですから、隙間時間にちょこちょこ良質で豊かな情報源にアクセスすることは可能です。

 子育ても卒業し、ちょっと時間に余裕のある私達世代が、今忙しい子育て真っ只中の皆さんの良質な子育て情報摂取のお手伝いができればと思い、いくつかピックアップしてみました。

 keep in touch で、アカデミックな情報や、世界の動きを知るニュースなどに接していくことは、やがて子育てが一段落して再び社会の一線で仕事をしだす未来のあなたを支える大切な滋養となるはずです。お子さんの進路を考える時も、雑多な情報の氾濫や周りの雑音に惑わされることなく、自分たち家族の文化と価値観をベースにして判断していくことが可能となるのではないでしょうか。

 お子さんが、お昼寝中の10分・15分や、通勤途中など、毎日のちょっとした隙間時間を、ご自分の「学び」の時間に当ててみてはいかがでしょうか。きっと「このまま社会との絆が細くなってしまって、取り残されてしまうのではないか。将来自分自身を活かしていくことができないのではないか。」といった、子育て中に時々襲ってくる大きな不安感が、ぐっと和らいで、ポジティブな気持ちで、ご自身と家族の明るい未来をイメージしていくことができるようになると思います。

 とても読みやすく、今皆さんが一番関心を持っている「子育て」の…

子育てするパパとママにこそ読んでほしいオススメの本

イメージ
子育てで忙しく、スマホやPC、テレビなどで時間を取られがちなパパ・ママ世代に、夜寝る前に、10分でも15分でも読書する時間を取れる時にオススメの本をご紹介します。

 まず2冊、とても読みやすく、今一生懸命育てているお子さま達が生きていくであろう未来を見通していくのに、大変重要な本をご紹介します。大変平易で、1章ずつぼちぼちマイペースに読み進めることができ、かつ現在の世界の動きを正確に把握し、未来を予測して考えていくのに、大変有益な本です。「社会から途絶して子育てしていく不安」のようなお気持ちをお持ちの方には、特にオススメします。こんなに平易に分かりやすく今日の複雑な世界情勢を解説してくれる書籍は、なかなかありませんので、ぜひお手にとって読んでみて下さいませ。



「FACTFULNESS ファクトフルネス〜賢い人ほど世界の真実を知らない〜」
ハンス・ロスリング他著 日経BP社
 この本は、ネットでも話題になっていましたので、タイトルをご存知の方も少なくないかもしれません。分厚いので敬遠してしまった方もおありかもしれません。が、中の文章は、とても平易で親しみやすく、ウィットに富んでいますので、気軽に読み進んでいけます。経済や社会、政治についての専門的な知識は、ほとんど必要ありませんし、棒グラフや折れ線グラフの意味を理解できる方であれば、人を選ばず楽しみながら読める本です。

 ですが、内容は、目を見張る発見と驚きに満ちています。目からウロコが剥がれるような読書経験になること間違いありません。1960年代以降、新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどのオールドメディアで、繰り返しアナウンスされてきた世界観が、今日まで全く更新されずに、自分たちの既成概念として刷り込まれたままになっていたことの異様さに、まざまざと気づき目覚める思いがする1冊です。

 これによって、ステレオタイプの陳腐化した世界観に基づいて書かれている記事や報道などに対して、疑ってみて自分で調べて考えてみるという新しい思考回路が生まれます。なんだか思考停止していたなあ、危ない所だったなあ!と、そんな気持ちにすらなる1冊です。子どもの生きていく未来を親が考えるにあたって、既成概念の殻を破って自分たちで思考し対話する回路を開く1冊として、強くオススメします。





「イラストで読むAI入門」
森川幸人著 ちくまプリマー新書 筑摩書房