投稿

5歳から10歳くらいまでの間に大切な「知的興奮体験」

イメージ
  ここ数年、PonoLipoでは、自由が丘のお店を飛び出し、私立小学校のアフタースクールや、スポット的に開催されるワークショップでの、アクティブラーニングのプログラム展開に力を入れてきました。昨年秋には、千葉県の聖徳大学附属小学校のアフタースクールで「PonoLipoメソッド 物語創作・オリジナル絵本作り」の3ヶ月間のワークショップを開催しました。同様のワークショップを、今月から新渡戸文化学園附属小学校でも開催しています。こちらは、3学期のレギュラープログラムとして、毎年開催して3年目となります。 ◆◆チャレンジングなアクティブラーニングプログラムの行方は!?◆◆  昨年暮れの12月から、聖徳大学附属小学校のアフタースクールでは、新しいチャレンジングなプログラム「Google Earth アフリカの野生動物観察」が始まりました。Google Earthの教育的なプログラムをタブレットで操作し、モニター越しに、今現在リアルタイムのアフリカの動物たちの日常を観察しメモを取り、調べたいことを自分で自由に図鑑で調べて、面白いと自分が思ったことを書き出すということを毎週繰り返して行っています。最終的には、自分なりの観察レポートをポスターという形で制作し、ポスター発表会形式のクラス内プレゼンテーションを行う予定です。  PonoLipo方式のワークショップは、型にはまったプログラムを指示通りに順番にやらせていくという、通常一般的な集団学習スタイルを取りません。自由度高く、基本的に子ども自身の好きなようにさせていきます。このため、最初の数回は、一般的な集団学習スタイルに慣れっこになっているスタッフや講師の方が、先の見えない不安と、子どもたちのカオスな状態に悲鳴を上げて「無理だ!」「駄目だ!」「間違っている!」という声が上がってしまうほどです。全体の企画進行を統括している私自身も、正直言うと、嵐の中の小舟のような心境になり、目的地に本当に辿り着けるのか不安に駆られる瞬間もないわけでもありません。  さすがに「物語創作・絵本作り」ワークショップの方は、かなり場数を踏んでいて、ワークショップ全体の流れを完全に把握している講師陣で進めていますので、自信を持って開催していますが、昨年暮れより聖徳大学附属小学校で始まった「アフリカの野生動物観察」のプログラムは、PonoLipoにとっても初

物語創作・絵本作りワークショップの経過ご報告

イメージ
  二子玉川でのリソー プラスワン教育主催のお教室「プラスワンラボ」での3Monthsプログラム「物語創作・絵本作りワークショップ」が、今月から、いよいよスタートしました。今回は、当初のアフタースクールという形態ではなく、お教室という形での開催となったこともあり、参加される生徒さんも、ごく少人数となりました。 これにより、PonoLipo主催のワークショップで使っている、ヨーロッパ製の画材や教材などをふんだんに取り入れて、オーダーメイド感覚の贅沢なワークショップに仕立てることとなりました。さっそく、ナレーターの友川さんに、じぶんの好きな本を持ってきて、その一節を、その場で朗読してもらうというリクエストにお応えし、少人数ならではの、参加する生徒さんのご要望に十全にお応えするワークショップとなっております。 10月中は、途中参加も受け付けて下さるそうですので、お迷いの方は、ぜひこの機会にご参加下さいませ。 ◆ この二子玉川に先駆けて、9月から、千葉県松戸市の私立小学校「聖徳大学附属小学校アフタースクール」で、「物語創作・絵本作りワークショップ」が、先行して開催されています。こちらは、1年生から5年生の生徒さんが、現在35名参加されており、全員が、じぶんのオリジナルの物語を創作し、作文用紙に書き終えて、先週から、挿し絵の制作に入っています。5、6人のグループに分かれて言葉カードを引き、グループディスカッションであらすじを考えたものをガイドにして、そこからは各自で、独自に好きなように物語を創作していくという流れで進めました。そのため、少し似通った登場人物や設定がありますが、見事に全員が、全く異なる文体・異なる構成のオリジナルな物語世界を構築しました。平仮名しか書けない1年生も、夢中になって、何枚も原稿用紙をお代わりして一生懸命書く様子に、今回も講師一同鳥肌が立ちました。 10月から参加した2年生、3年生、4年生の3人の生徒は、お友達から、このプログラムの様子を聞いて、参加したいと、モチベーション高く参戦してきただけあって、少し「ストーリーテリングゲーム」をウォーミングアップでやって、みんながディスカッションしてまとめた6グループのあらすじ集に目を通しただけで、速攻スイッチが入って、没頭して書くモードに入り、今も書き続ける途上にあります。 参加した子ども達の大半は、このPon

コロナ禍で心配な、子ども達の「自然欠乏症」について

イメージ
  PonoLipoのHPに、NYから連載エッセイを寄せてくれているコーディネーターのJoyから、エッセイ原稿と一緒にメールされて来たNYタイムズの記事が、興味深かったのでご紹介します。 ‘Nature Deficit Disorder’ Is Really a Thing   By   Meg St-Esprit McKivigan June 23, 2020 https://www.nytimes.com/2020/06/23/parenting/nature-health-benefits-coronavirus-outdoors.html ジャーナリストのRichard Louvの著作「Last Child in Woods:自然との触れ合いの減少から起こる子どもの病理から子どもを救う」から着想を得て「自然との触れ合い」が、子どもの心身の発達に与える影響について書かれた記事です。コロナ禍で実際に、外界から遮断された状態で育児をしている何組かの家族と、この分野の研究者であるColorad Boulder大学の名誉教授Chaula博士やイリノイ大学の助教授Kuo博士などに取材し、コロナ禍で外界から遮断されて屋内で生活する子ども達の実際の変化をレポートしながら、自然と触れ合うことで、子ども達の協調性が増し、お互いに譲り合い助け合うようになる研究成果や、木々の緑を眺めるだけで心拍数が安定し緊張が解けるという実験結果、自然の中で過ごすことにより攻撃性や多動的傾向の低下が顕著に見られ、心身ともに安定するという研究結果などを紹介しています。 Joy自身、この記事を読んで「喘息を持つ男の子二人兄弟が、情緒不安定になり、なんでも口に入れてしゃぶったり噛んだりしてしてしまうので、 anxiety chew necklaceを買わねばならなくなった。」というある家族の話のところで、今年6歳になり小学校へ入学するはずだったのが、コロナ禍のため一度も学校に行くことができずにいる下の男の子が、最近しょっちゅうTシャツの襟を口にくわえてしゃぶったり、イヤフォンのコードをガジガジかじってボロボロにしてしまったりしていることに、ハッと思い当たり、早速anxiety chew necklace(不安解消カミカミネックレス)をアマゾンで検索して購入したということです。 このコロナ禍により、大人も

PonoLipoのHPに全ての記事を集約しています!

イメージ
Googleなどの検索や、他のサイトから、こちらへいらっしゃる方々など、PonoLipoのHP以外から来られる方に、ご案内です。 緊急事態宣言以降、PonoLipo Shop 自由が丘のリアル店舗は、お休みとなりました。これに伴って、それまでお店のインフォメーションやPonoLipoのブランディングに必要な情報のみを掲載していましたPonoLipoのHPに、こちらの「PonoLipo 子ども Lab」で掲載してきた、子育て応援コラムやお役立ち情報なども集約して掲載していくことになりました。毎日ペースでの記事更新を行っていますので、下記のPonoLipo公式HPの方へお越し下さいませ。 ▶︎▶︎▶︎ PonoLipo 公式HP ◆◆◆ PonoLipo WEB Shopでは、英語絵本約50タイトルを送料無料にて販売しております。 知育のおもちゃやクラフトキット、ファミリーゲームなどもお求めいただけます。おもちゃのほうは、送料全国一律1.000円です。 ▶︎▶︎▶︎ PonoLipo WEB Shop ◆◆◆ ▶︎▶︎▶︎ YouTube  PonoLipo Channel に、ご登録下さい! PonoLipo Channelでは、Stay Homeで、おこもり子育てする皆さんの日常に寄りそって、楽しく安心してお使いいただけるエデュテインメント(Education & Entertainment)なコンテンツを掲載しています。

コロナウィルス、ご家庭で役立つ情報と学びについて

イメージ
いよいよ明日4月7日(火)夕方、政府より緊急事態宣言が発令され、8日(水)より、発効されるとのニュースが流れました。 食品や日用品のお店や薬局、病院、銀行、郵便局などは、閉まったりしませんので、食品や日用品を慌てて買い占めたりする必要は、ありません。ペットを含む家族での短いお散歩も、海外では制限されていないようですので、日本でも大丈夫だと思います。社会的な距離(2m)を保って、三密の場(換気の悪い密閉空間、人が密集、密着した濃厚接触がある)を避けて、お家にいれば、感染防止になり、医療崩壊も最小限に止めることができるということですから、まずは落ち着いて日常を保っていくことが大切です。 育ち盛りで、遊びたい元気なお子さんをお家に閉じ込めておかなければならないのは、本当に大変なことと思います。健康面・精神面・教育の面でも、ご両親の心配は尽きないものと思います。 そんな苦しい状況の子供達に、どうしてお家にずっとこもっていなければいけないのか、余り余計な恐怖心を植え付けることなく、けれど正しく理解し、警戒させていくのに、最適な情報源を、これまでずっと探しておりました。 下記の情報サイトは、とてもニュートラルな上、小さな子供でも分かりやすく解説されており、お子さまに対して、コロナウィルスについてお話をしていくのに、役に立つと思います。 ◆これは大変分かりやすく、子どもにも見せながら説明しやすい短さのコロナ解説動画です! https://www.youtube.com/embed/FVIGhz3uwuQ?fbclid=IwAR16q8bKU5tFvsfvYMpW5ekfcTWi0E1uHvLlARXtwqZocZKGDJUGqc9zSz4 ◆政府の専門家会議メンバーの方々が中心になっている、一般向けの情報サイトです。フォローしましょう! https://note.stopcovid19.jp/n/n384496a8bc8d?fbclid=IwAR1w5RXOWVH-ZvLF1MvpaMTRLNEUWY_6uMitJwocPTiQKyv6KZ3y791erP8 ◆ノーベル賞受賞のIPS細胞研究の権威山中伸弥先生の分かりやすい情報まとめ。(但し、医療現場のリアルが、十分反映されていないという指摘もある。) https://w

【お家で遊ぼう!学ぼう!】PonoLIpo WEB Shopで送料無料の40タイトル英語絵本販売を開始します!

イメージ
コロナウィルス禍により、多くの方が、お子さまと一緒にずっとお家の中で過ごさなければならず、お子さまの健康・メンタル・教育の面で、大変な思いをされていることと、心よりお見舞い申し上げます。 3月から全国一斉に始まった休校期間中、ご近所のPonoLipoカスタマーの皆さまが、ご家庭で楽しくでき、教育的にも意味のあるゲームやクラフトキット、絵本などを、あれこれお子さま連れで買いにいらして下さいました。私どもも、皆さまのお役に立てるうちは、お店を開けて、皆さまのご来店をお待ちする気持ちでおりました。 ですが、いよいよ今後長期にわたって、お子さま連れで、お気軽にPonoLipo Shopにおいでいただくのも、難しいような事態が、迫って来ております。ご家庭での子育てには、絵本もおもちゃも必需品ではありますが、PonoLipo Shop 自由が丘も、早晩お店をしばらくクローズしなければならなくなりそうな気配です。 そこで今回、これまでおもちゃメインで、英語絵本を余り載せていなかったPonoLipo WEB Shopの絵本売り場を一気に拡張し、全40タイトルを送料無料にて販売開始いたします! PonoLipo WEB Shop 絵本売り場へは、こちらから♪ また、今回送料無料ではありませんが、じっくり熱中して遊べる組み立ておもちゃやクラフトキットなどの商品も新たにPonoLipo WEB Shopに掲載しました。 今後も、「Stay Home!」期間が長期化していくようであれば、どんどんPonoLipo WEB Shopにおもちゃも絵本も増やしていく予定です。WEB Shop以外にも、PonoLipoらしい楽しいことができないか、今いろいろと計画準備中です。 この先どうなっていくのか、お子さまと一緒に、お家の中で不安な毎日を送っていらっしゃる方も少なくないものと思います。PonoLipoゆかりのクリエイターや講師の方々と一緒に、皆さまが、お家にいながらPonoLipo Styleの子育てをお楽しみいただけるよう、今一生懸命準備をしておりますので、どうかお楽しみにお待ちになっていてくださいね! PonoLipoは、皆さまの子育てする日常に、ずっと寄り添って参ります。 お気持ち強く朗らかに参りましょう! ・・・・・・・・・・・・