Child Psychology : リズムをつけたジェスチャーを取り入れて話すことが、5,6歳児の文章理解力・構成力向上につながる



Telling stories using rhythmic gesture helps children improve their oral skills

Date:January 17, 2019

Source:Universitat Pompeu Fabra - Barcelona

Summary:
 For the first time it has been shown that a brief training session with rhythmic gestures has immediate benefits for narrative discourse in children of 5 and 6 years of age. 

  スペインのバルセロナにあるPompeu Fabra大学の「翻訳と言語科学部(DTCL)」の研究者でProsodic Studies Group(GrEP)のコーディネーターでもあるPilar Prietoと、同じProsodic Studies GroupのメンバーIngrid Vila-Gienez、認知と言語研究グループのAlfonzo Igualadaたちの最近の研究によると、5,6歳の子ども達に話をする時に、リズムをつけたジェスチャーを取り入れることが、子ども達に情報を覚えさせるのに役立つだけではなく、話の内容を正確に理解させるのに役立つということです。

 動物についての説明で、中に出てくるキーワードのところで、リズムをつけたジェスチャーを取り入れて話をする先生の映像12、ジェスチャー無しで話をする先生の映像12、合計24の説明の映像を用意し、5,6歳の子ども達44人を2つのグループに分けて、片方にはジェスチャー付きの説明映像を見せ、もう片方にはジェスチャー無しの説明映像を見せて、その説明映像を見た後、説明された動物が出てくる「ねずみと、その仲間の動物たち」が出てくる41~50秒のセリフや説明のないアニメ画像を見せ、その物語を自分の言葉で話すという課題を課したところ、ジェスチャー付きの説明を見た子ども達の方が、表現豊かに、しっかりとした構成で物語ることができたということです。



Story Source:
Materials provided by Universitat Pompeu Fabra - Barcelona. Note: Content may be edited for style and length

Journal Reference:
1 Ingrid Vilà-Giménez, Alfonso Igualada, Pilar Prieto. Observing storytellers who use rhythmic beat gestures improves children’s narrative discourse performance.. Developmental Psychology, 2018; DOI: 10.1037/dev0000604


Universitat Pompeu Fabra - Barcelona. "Telling stories using rhythmic gesture helps children improve their oral skills." ScienceDaily. ScienceDaily, 17 January 2019.

.


◆◆

 大人は、子どもに言葉を教える時に、いわゆる発音(pronunciation)や、抑揚(intonation)の正確さに重きを置いて考えがちですが、韻律(prosody)という、話者の感情や文脈によって生じるリズムが、話された内容を理解し、それを自分の言葉で物語っていくのに、非常に重要であるということだと思います。

 欧米人に比べて、日本人は、会話の中で余り身振り手振りを大げさにしませんが、小さな子供に話をする時には、少し意識して、重要なところで指を立てて振ったり、手を上げ下げしたりなど、少し工夫してあげると良いかもしれません。

 リズミックなジェスチャーを取り入れて、表情豊かに話をすると、話者も自然と楽しい気分になって来ますので、そこはちょっとノリノリで子どもと話をするというカジュアルさを忘れないでいたいものです。キリキリした「教育熱心」は、子どもも親も苦しいものです。「一緒に遊ぶ」感覚を大切に、子どもとの会話を楽しんで下さいね。それが一番の言葉の知育ということだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・


PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F
TEL&FAX:03-5726-9936
E-mail:staff@ponolipo.com
HP: ponolipo.com
営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:
定休日:毎週水曜日

★PonoLipo WEB Shop

おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを
一緒にお求めいただけます!




このブログの人気の投稿

理想のライブラリーを構築するプロジェクト

子どもがいくつになったら、どんな絵本を読むの?【0~6才】

乳幼児期のことばの発達に関するアンケートにご協力下さい!