12月12日(水)神保町ブックハウスカフェ「ラング世界童話全集に親しむ夕べ」ご報告

イベント当日ブックハウスカフェの入り口には、
ラング世界童話全集が全巻ディプレイされて!


去る12月12日(水)神保町ブックハウスカフェ2階のホールにて「ラング世界童話全集に親しむ夕べ」と題して、「ラング世界童話全集」(川端康成・野上彰編訳、偕成社刊)の著作権者で、野上彰氏のご長女である藤本ひかりさんとご一緒してトーク&ライブイベントを開催しました。

会場に並べられた30の椅子は、ほぼ埋まり満席に近い状態で、お忙しい年の瀬に、急遽開催が決まったこのイベントに、沢山の方々がいらして下さったことに一同感激いたしました。


会場は、ほぼ満席!

第1部では、物語体験CD「花さく島の女王」を制作することになったいきさつについて、藤本ひかりさん、ナレーターの友川さんとPonoLipo 小高が、三人でお話をしました。

その後クラシックギタリストの佐藤洋平さんの生演奏で、友川まりさんが「花さく島の女王」を朗読するというライブをお楽しみいただきました。



藤本ひかりさん(中央)友川まりさん(向かって左)
小高と3にんでオープニングトーク

「夢見る力のない人間は生きる力がない」野上彰氏の
言葉の前で「花さく島の女王」ライブ始まりました。

藤本さんの少女時代の軽井沢・鎌倉での川端家との
交流の思い出をスライドを交えて伺いました。
「ラング世界童話全集」が生まれた頃の思い出です。

ライブならではの掛け合いの妙味に、会場中が「花さく島の女王」の世界に浸って酔いしれるような感じでした。終わった後の余韻に満ちた静寂に、進行の言葉を発するのが、しばらくためらわれたほどでした。

短い休憩を挟んで、第2部では、藤本ひかりさんに「ラング世界童話全集」をお父さまの野上彰氏と川端康成氏が編訳して出版された頃の、軽井沢と鎌倉での思い出を中心にお話を伺いました。「家庭」の枠組みが曖昧な、難しい境遇で「物語に支えられて」成長し、物語を紡ぐことを仕事として、自分自身が生きていく場所を築いてきた川端康成氏と野上彰氏のふたりが、戦前「文人囲碁会」をきっかけに知り合い、戦中「書きたいものが自由に書けない」という苦しみを共に分かち合いながら親交を深め、戦後の自由な開かれた社会の中、思いのまま仕事をし平和な世界で家族に囲まれた、ふたりにとって一番幸福で賑やかな時代に、日本の子ども達にと、ふたりで精力を傾けて「ラング童話」や「アラビアンナイト」「小公子」「小公女」などの児童文学の翻訳出版に取り組んできたことが、お話から伝わってきました。野上氏の病死、三島由紀夫の自死、友人志賀直哉の死などの果てに川端康成氏も自ら命を絶った、その後60年間を静かに生き残った「ラング世界童話全集」が、今再び立ち現れてきたことの意味について、深く感じ入った夜でした。









イベント直前のブックハウスカフェ入り口で
店長の茅野さん(向かって右)と記念撮影。
中央が、野上彰氏のご長女藤本ひかりさん、
左がナレーターの友川まりさん。


・・・・・・・・・・・・・・・・






PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F
TEL&FAX:03-5726-9936
E-mail:staff@ponolipo.com
HP: ponolipo.com
営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:
定休日:毎週水曜日

★PonoLipo WEB Shop

おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを
一緒にお求めいただけます!


このブログの人気の投稿

理想のライブラリーを構築するプロジェクト

子どもがいくつになったら、どんな絵本を読むの?【0~6才】

親子で絵本作り PonoLipo 初のプライベートワークショップ開催