言葉による想像力と創造力を育む試み



PonoLipo Shopでは、私自身の海外での子育て体験をふまえて、英語が余り得意ではないパパやママが、子どもと一緒に遊びながら楽しみながら英語を習得していくために役に立つ絵本やグッズを集めてご紹介しています。

パパ、ママが苦手で大嫌いと思っていることを子どもに「あなたのためになるからやりなさい!」と強いるのは無理があります。小さい子どもでも、説得力がある話と理不尽な話に対する感度は、十分持っています。むしろ大人よりも、そのセンサーは鋭いものがあります。

まずは、大人がちゃんと楽しさ、面白さを理解して一緒に遊ぶ感覚にならなければ、その説得力、納得感は生まれてこないのではないでしょうか。

お子さまを幼い時からインターナショナルなプリスクールへ入れて、英語を学ばせる方も少なくない今日この頃、英語を聞き取り聞き分けるお耳を作るという点では、この方法は非常に有意義であり、スクールでは英語スィッチという使い分けが、子どもに上手にできるようにしていければ、まさに理想的な方法かもしれません。

けれど「言葉」というものは、そんなに軽く簡単なものではありません。使い分けスィッチが上手にできるようにするためには、家庭で母国語である日本語を豊かにするための工夫を凝らす必要があります。

母国語の能力が上がらなければ、第二言語である英語の能力は、それ以上上がらないものと考えた方がよいのです。ヒアリングと発音の能力以外の英語能力を上げたければ、母国語である日本語の能力を伸ばすことが、急がば回れで大切になってきます。また母国語の能力を伸ばすことが、その子の学習能力全体を押し上げる大きな鍵を握っていることも、留意しなければなりません。

そこで今回、Zoo-Phonics AcademyとPonoLipoのコラボレーションによって、「母国語である日本語の想像力と創造力を触発する物語体験のワークショップ」を開催します。前半では、耳から聴く口頭伝承の物語を自分の頭の中で想像していくことをラング世界童話全集の中の一話を使って体験学習します。後半ではピクチャーカードを使って、物語をつないで創作していくストーリーテリングゲームのグループワークを展開します。

耳から聴いて想像力を発揮するインプット体験と、自分が引いたカードの絵から想起した物語を言語化していくアウトプット体験をセットにした物語体験ワークショップです。

お申し込みは、
Zoo-Phonics Academy 03-5731-2191( 担当:山村さん)
まで、お電話下さい。

詳細はこちらから↓
【6月3日(日)】子どもの心を育む言葉の教育プログラム♬
 ※外部生のご参加も可能です。



・・・・・・・・・・・・・・・・


PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F
TEL&FAX:03-5726-9936
E-mail:staff@ponolipo.com
HP: ponolipo.com
営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:
定休日:毎週水曜日

★PonoLipo WEB Shop
おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを
一緒にお求めいただけます!
http://ponolipo.shop-pro.jp




このブログの人気の投稿

From NY Joyの子育てレポート 理想的な早期教育ってあるの?

子どもがいくつになったら、どんな絵本を読むの?【0~6才】

乳幼児期のことばの発達に関するアンケートにご協力下さい!