子どもスペースコンサルティング:ライブラリー構築プロジェクト


ライブラリー構築後和室1

PonoLipo Shopの絵本や玩具の品揃えが、他の知育玩具店や書店などと全く異なる点、よくご指摘を受けます。これは、私自身が大学で教育心理学を専攻し、発達心理学、認知心理学、学習心理学、臨床心理学などの授業を一通り受けた経験が、絵本や玩具の選定に影響を与えているのだと思います。

絵本というと、日本では一般に物語絵本を指すことが多く、子供のいる家庭の書棚や、幼稚園・お教室などの書棚も、大半を物語絵本が占めている場合が少なくありません。

人間は、物語によって世界を理解し、世界の中の自分を理解し、自分の内面を理解するので、物語絵本は、幼少期の子供にとって非常に大切です。ただ、物語をじっと聞いているのが苦手な子供も少なくありません。好きなところから好きなように絵本を読みたがる子も多いようです。

またフィクションよりノンフィクションがしっくりくる子も結構います。子供っぽい甘口の挿絵よりも、大人っぽい絵柄の方がぐっとくる子もいます。とにかく地図が大好きという子、絵探しには目がないという子もいますよね。迷路が大好き!という子もいます。フラップをめくるという手指を動かしながら絵本を味わうことも、幼児期にはとても大切な絵本体験です。

ご縁あって「新渡戸文化子ども園」のライブラリー構築のお手伝いをしました。昭和の幼稚園時代からの素晴らしい物語絵本のライブラリーは、昔の方が子ども文化が豊かだったことを感じさせ、感動的な素晴らしいものでしたが、やはり物語絵本にかなり偏った構成になっており、また現在園が力を入れている「食育」に関する絵本が少ないということも課題となっておりました。

ライブラリー構築前和室
ライブラリー構築前2階ロビー



今回、園の方からPonoLipoに英語の絵本も含めた総合的なライブラリー構築のお手伝いを依頼され、日本語絵本133冊、英語絵本83冊を今日納品して参りました。

1階和室と2階ロビースペースに設けられた読書スペースの書棚にセッティングするところまでPonoLipoでさせていただきました。作業終了後、現場の担当の先生に1冊ずつ絵本を紹介していくと、その絵本のバリエーション、先生向けのアイデア集まで網羅したラインナップにお喜びいただき、お褒めの言葉をいただきました。「子供の頃から絵本が好きで、この仕事をしていますが、久しぶりにワクワク心躍る絵本にたくさん巡り会えて嬉しくなっています!」というお話、お手伝いしたこちらも嬉しくハッピーになりました。


ライブラリー構築後和室


それぞれの子供の個性、興味関心に応じて、必ず自分の好きな本に出会えるようにと心がけて、約1ヶ月かけて園の方々のお話を伺い現場のご要望も入れつつ、様々な分野のいろいろな種類の絵本を、現在の物語絵本のライブラリーを補う形でなるべくバランス良く揃うようにと心がけました。
知的好奇心を刺激し、会話を生み、子供も大人もそこから学んでいけるような、そんなライブラリーが完成したものと自負しております。

ライブラリー構築後2階ロビー

















※PonoLipo Shop 自由が丘では、この春より子どもスペースや子ども向けライブラリー構築のコンサルティング業務を本格的に展開しております。詳しくは、PonoLipo Shop 自由が丘、担当小高までお問い合わせ下さい。
→TEL : 03-5726-9936、 メール : staff@ponolipo.com

・・・・・・・・・・・・・・・・


PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F
TEL&FAX:03-5726-9936
E-mail:staff@ponolipo.com
HP: ponolipo.com
営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:
定休日:毎週水曜日


★PonoLipo WEB Shop
おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを一緒にお求めいただけます!
http://ponolipo.shop-pro.jp






このブログの人気の投稿

From NY Joyの子育てレポート 理想的な早期教育ってあるの?

子どもがいくつになったら、どんな絵本を読むの?【0~6才】

Education 早い時期からの幼児期の絵本読み聞かせが、就学前の語学能力促進につながる